【孔子みそ料理学生選手権2018】

多久オリジナルのお味噌「孔子みそ」。

この「孔子みそ」を使って、来月2月に開かれる学生料理コンテストについて、

イベント実行委員でもある、

酒蔵レストラン 大平庵 代表取締役 武田耕一さんお話を伺いました。

[ 画像 ]

 

昨年に続き、2回目の開催となる孔子みそを使った学生による料理選手権。

[ 画像 ]

 

この「孔子みそ」とは、

多久の青大豆を使用し、塩分控えめで甘みが強いのが特徴!

この青大豆は一般的な大豆よりもおよそ1.5倍の大きさなんですね!

 

さっ!ここで!そんな特徴を持つ孔子みそを使って簡単にできるレシピを公開いたします!

今回ご紹介するレシピは、多久の郷土料理「冷汁(ひやしゅる)」です!

この「ひやしゅる」とは、そうめんやうどんなどを食べる時に使う、つけダレですね!

ご用意していただく材料は、孔子みそ80g、砂糖30g、すりごま40g、

減塩の白だし200?、大葉2枚から3枚、そうめん4束です。

これで4人分の量ですね。

作り方は、まず、大葉を小さく刻み、すり鉢ですります。

そして、孔子みそを加え、なめらかになるまできれいにすります。

最後に、砂糖、すりごま、白だしを加えてのばしたら、「冷汁(ひやしゅる)」の完成です!

白だしは、少しずつ加えるのがポイントなんだそうです!

完成したこの「冷汁(ひやしゅる」(←作り方の動画を視聴できます)に、

そうめんやうどんを付けて食べるとさらに美味しくなるんですよね〜!

 

「孔子みそ」が出来るまでの動画が

YouTube多久市公式チャンネルでご覧いただけますので、

ぜひ!挑戦してくださいね!

ほかにも、「しょうがみそ漬け」、「なす味噌漬け」といった漬物や酢味噌、

また、「みそだれ」、「梅みそドレッシング」といった調味料、

さらには「豚肉の味噌漬け」などなど、孔子味噌はたくさんの料理に使える万能な食品なんです

 

 

さっ!そんな「孔子みそ」を使って来月2月に開かれる「孔子みそ料理学生選手権」! 

これは、「孔子みそ」のPRと学生の食育を目的として開かれます!

参加対象者は高校、大学、短大、専門学校に在籍する個人、または4名までのグループで、

今回は「孔子みそを使った創作おやつ」をテーマにオリジナルレシピを考案して頂きます!

さらに!最優秀賞に選ばれた方にはなんと!

2万円分のクオカードに多久の野菜詰めセットが進呈されますよ!

また、多久市内の飲食店であなたが考案したレシピが展開されるかも!とのことです!

これは夢がありますね〜!!

今、現在多久市内の飲食店では、孔子みそを使ったメニューとして、

味噌カツ丼や肉みそうどんなど、味噌と相性がいい料理から、

ソフトクリームに孔子みそをトッピングするメニューと

奇抜なアイディアもあります!

 

さっ!ということですでに、募集が始まっています!

応募期間は、今月31日水曜日まで!

応募方法は、応募用紙に必要事項を明記し、料理写真・画像を添付のうえ、

事務局へ郵送、またはメールでお願いします!

FAXは写真が不鮮明になるため不可となっています!

 

そして一次の書類審査を通過した方のみが、来月2月24日土曜日午前10時から

北多久町の多久市児童センターあじさいで行われる最終審査へと進みます!

そして、そこで実際に調理をして頂き、味や盛り付け、栄養などの観点から審査されます。

審査員には、横尾市長をはじめ、田原教育長、多久孔子みそ愛好会の皆さん、

JA女性部みそ加工グループの皆さんなどと、孔子みそを知り尽くしている方々です!

 

応募方法など詳しくは、多久市観光協会 電話0952−74−2502、

または、多久市観光協会のHPをご覧ください!

そちらから応募用紙がダンロードできますよ!

 

さっ!若い方の柔軟なアイディアと多久の伝統の味がどういう風な化学反応をおこし、

また新たな孔子味噌のメニューが誕生するのか楽しみですね!!

あなたの孔子みそアイディアレシピをお待ちしております!!

 

また「孔子みそ」は、多久農産物直売所たくさん館や多久市物産館朋来庵などで

販売されています!

ぜひ!無添加で安全安心な多久の「孔子みそ」をご賞味ください!

[ 画像 ]

 


2018/01/15 14:11

 ブログトップに戻る
 サイトトップに戻る